20万円借りるならココ!

 

20万円借りる場合の月々の返済額が1万円以下なのはアコムとプロミスだけです!

 

アコムが8,400円、プロミスが7,220円ですから!

 

ちなみに同じくらい有名なアイフルは13,000円、モビットは11,000円とどちらも1万円以上になっています!

 

返済額が1万円を超えると返済がきつくなりがちなので、
アコムとプロミスで借りるのが安全と言えます!

 

 

おすすめキャッシングランキング

 

金利 審査時間 限度額 無利息期間
3.0%〜18.0% 最短30分 800万円 30日

 

当サイトからのお申込み数ナンバー1!

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので、
信頼度は高いです!

 

20万円の借入では収入証明が不要なので、免許証があれば借りることができます!

 

即日融資もしてくれますし、
はじめての方なら最大30日間無利息サービス中なので、
1か月以内に全額返済できるなら間違いなくおすすめです!

 

審査に不安な方用に3秒の簡単診断があります。

 

 

 

http://www.acom.co.jp/

 

 

 

金利 審査時間 限度額 無利息期間
4.5%〜17.8% 最短30分 500万円 30日

当サイトからのお申込み数ナンバー2!

 

プロミスも30日間無利息サービスをしています。(※メールアドレスとWeb明細利用の登録される方限定)

 

審査に不安な方用に3秒の簡単診断があります。

 

 

http://cyber.promise.co.jp

 

 

 

↓3位以下はこちら↓

>>詳細はこちら

 

20万円借りたら返済額はいくら?

借りた金額は、必ず決まった返済期間に返していかなければいけません。

 

しかし、金融機関で借り入れを行うと、『利息』が発生します。

 

利息は借りる相手によって異なるため、注意が必要になります。

 

少しでも利息を少なく返済するためには、『早く返す』こと。

 

利息は、借り入れ残高に対し、利用した日数分を計算して出します。

 

早く返済をしたほうが良いというのは、このため。

 

計算方法は、(利息=借入残高×借入利率÷365日×利用日数)となります。

 

20万円を借りた場合で、
実質年率18.0%、30日間利用したとして計算をすると、以下のようになります。

 

20万円×0.180÷365日×30日=2960円
2960円が利息となります。

 

 

>>おすすめキャッシングランキングに戻る


引越しでアコムに20万円借りました!

はじめて一人暮らしをするとき、確か家具とか敷金とかにちょっと足りなくて、
引越しをするときに資金として借りた経験があります。

 

カーテンだなんだ細々したものも結構かかりますから、
若かったあたしにはそこまで貯蓄もなく、借りさせて頂きました。

 

誰にも会わずに手続きが出来るので、
私としてはとても楽に事を進められました。

 

ただ、返すのが決まった金額や日にちがないので、
よくわからず自分で決めて全て返した記憶があります。

 

 

いちいちアコムの無人の機械まで行かなければいけないのも億劫でした。
(今は振込で返済できるから楽ですよね)

 

最後何百円返してなかったのがわからなくて、
一年後くらいにアコムから電話が来たのには本当にびっくりしました!

 

続けて借りて借金を増やしてしまったり、
そういうことがなければ大変なときにとても助かるな、と思います。

 

使い方さえ間違えなければ本当に助かります。

 

友達とかに、
気軽に借りられるからか気付いたら何百万円超えていて困っている人がいたので、
それが自分の教訓になったのかもしれませんね。

 

もちろんですが、返す、返せる、というのがわからないのにとりあえず借りるかなぁっていうのはおすすめはできません。

 

 

それを分かっていれば、困ったとき、大変なとき、助けられると思います。

 

麻痺だけは、くれぐれもしないように!!!

 

まとめると、手続き自体は誰かに会うことはありません。

 

機械の前に座って言われた通りの書類を書いて、身分証明が必要なくらいです。

 

備え付けの電話で話したりはします。

 

時間は30分くらいだったような気がします。

 

ブラックに載っているとか、何か過去にしてしまったとか無職とかで無い限り、あまり引っかかることはありません。

 

確か最初から高額を借りることは出来なかったと思います。

 

 

審査もその場で待ってるとすぐ終わります。

 

こんなに簡単に終わるんだ?!というのが率直な感想ですね。

 

前にも書きましたがあまりにも簡単に借りれるので、
くせになってしまったら危ないな、
と自分に今回だけ!って言い聞かせました(笑)

 

でも、きちんと把握していればうまく付きあっていけるシステムだなぁ、と思います。

 

私は借りれてやはり助かりましたし、
あの時資金がなかったらいろいろと大変でしたから今でも感謝しています。

 

今は変わったのかわかりませんが、
返す方法をきちっとわかりやすくして欲しかったなぁ、と思います。

 

最後の何百円が残っていたなんて本当にずっとわかりませんでしたから(笑)!

 

でも、あの時は本当にありがとうございました^_

 


プロミスに20万円借りれたおかげで…

数年前に東北へ遊びに行った時のことです。

 

同棲していた当日の彼と二人で、初めての遠出の旅行。

 

日頃のお財布が一緒なこともあり、足りなければATMで降ろしたらいいよね。と思い、現金5万円とキャッシュカードだけ持って家を出ました。

 

現地では、数日に渡り買い物に食事に観光を楽しんでいました。

 

帰りの日の朝、ふと財布を見ると残金1000円ほどになっていました。

 

ちょっと使いすぎてしまったな…と思いながらも、せっかく来たのだから!と思いコンビニATMへ向かいました。

 

旅行当日は、お正月ということもあり、銀行ATMは利用停止期間で引き出し不可だったのです。

 

そんな事とは知らず、ATM操作を待っている間にパンとコーヒーを残りの1000円で購入した彼…

 

手持ちのお金を全て使いきってしまい、昼食代も帰りのガソリン代すらありませんでした。

 

お金を管理していたのは私。

 

当然、彼と大喧嘩。

 

言い争いの末、喧嘩している場合ではなく、帰る方法を考えないと!と冷静に戻りました。

 

振り込んでもらうにも、祝日扱いですぐには入金されず、何店舗もコンビニや金融機関を周りました。

 

帰れない…どうしよう…と思った時に、ふっと目に某金融会社の看板が飛び込んできました!

 

これは、助かった!と思い、ドキドキしながら初めての機械操作…。

 

必要事項の入力が完了し、内線電話でのオペレーターからの質問で、なぜお金が必要なのですか?と聞かれ、事の成り行きを話し、お金が降ろせなくて帰れないんです!と半泣きで必死に訴えました。

 

が、審査はなぜか通らず…

 

私たちはどうなってしまうのか。と楽しいはずの旅行が、涙と不安しかありませんでした。

 

泣いていても仕方がないので、車を走らせ、思いつく限り携帯で検索し、金融会社を探しました。

 

それから何社か周り、なぜか審査が通らず途方に暮れていました。

 

もう、車泊してATM引き出しができるようになるまで待とう…と思っていたら、プロミスさんを通過。

 

もう、これでダメなら諦めよう。とダメ元で審査をしてもらいました。

 

なんと!

 

貸していただくことができました。

 

ホッとしたこともあり、無事に仲直りして、貸していただいたお金で観光と食事を堪能し、無事に帰宅することが出来ました。

 

本当にあの時は助けていただきました。

 

確かに金利は高いかな…と思うこともありますが、お金が必要な方にとって救いの手です!

 

あれから借入れはしていませんが、また困った時には助けていただきたいです。

 


彼氏の借金返済に

彼が借金かかえていたおかげで
まさか私が借りるハメになるとは思いませんでした。
お金が必要と言われ、それまで私の収入でなんとかしていましたが、それでも抱えきれずに彼の提案でサラ金から借りるのはどうか、と言われました。
ボーナスも近く入る予定でしたので、いろいろ考えながらアコムを選ぶことに。
自分の蓄えもきつかったので、急にお金が必要になったときには便利だと感じました。
近くボーナスが入る予定でしたので返す不安も少々ありましたが、問題なかったです。
今では返済し終わりました。
ただ、彼とは別れることにしました。
努力する彼ではなく、私に頼ってばかりだったからです。
そのきっかけがアコムだったのがおかしいですが、ある意味良かったです。
あの時借りていなければ確実に私は危なかったです。
助けてくれたのがアコムだったのですから感謝しています。
初めてでもわかりやすくて、安心しました。
今後は借りることのないように暮らしていくのが一番ですが、もしもの場合、一つの案として頭の中に入れておくことにしました。
CMでもよく広告として出ていますが、昔からいいイメージがなかったのが正直なところです。
今ではそんなことないと思ってます。

お金に絡むことは計画的に、目先のことを考えておくべきですね。
やはり利息もつきます。
よく借りて失敗するのが借りたお金が利息とともに膨らみ上がって返済不能になると聞きます。
想像すると恐ろしいです。
でも使い道によっては、私のように助かったという人も多くいると思うのです。
なのでわたしの体験を参考にしてもらえれば幸いです。
上手な使い方をされてる人もいるかと思いますので私も機会があれば是非伺ってみたいです。
借金という響きはやはりいいイメージがありませんが、私は借金というよりもお助けバンクと呼んでいます。
誰かがまた今日も助かっているんだと思います。
誰しも一度はお金に悩むことがあると思いますが、間違っても犯罪にだけは手を染めてほしくないです、
それなら力を借りる方法もあるのですから。
もっとCM広告も体験談を踏まえて広告するのも良いと思います。いいことばかりではないとも思いますが、借りることに抵抗を感じている人には良い効果になるとおもいます。
それで助かるのであれば一番良い結果になるとおもいます。
わたしの体験を周りの人に言うと、最後には納得してくれました。
おもしろい人生の一部だとわたしも思っています。
アコムには感謝しています。

 

 


申し込み時に気をつけるべき点は?

カード会社へ申し込む際に気をつける点としては、いくつか挙げられます。

 

まずは申告内容を嘘偽りなく記入する事です。前にも何回かご紹介をさせて頂きましたが、カード会社は審査の際に信用情報機関のデータを確認しますので、ほぼ確実に虚偽という事が判ってしまいます。虚偽の申告をして得をすることは何もありませんので、正直に申告をしましょう。

 

また、信用情報機関のデータに関連する点としては、既に何らかのカードのお持ちの方で、引っ越しなどによる住所変更をしていない場合、審査時に信用情報機関に掲載されている旧住所と違うという事で、虚偽の申告とみなされてしまうケースがありますので、既に所有しているカードについては、住所変更等の手続きで、常に最新の情報に更新してもらう様にすると良いでしょう。

 

また、今までにご紹介していない情報で、ひとつ気にしなければならない情報があります。それは携帯電話料金の滞納です。最近のスマホなどでは、携帯本体の料金を割賦にしている場合が多く、これらの割賦対応可否も、信用情報機関の情報に基づいて判断をしているのです。よって、割賦料金が含まれる月額利用料金が滞納してしまうと、それぞれのキャリアが加盟している信用情報機関にも事故情報として掲載されてしまう可能性があり、カードローンの審査の際、不利に働く場合があります。
携帯の利用料金は、公共料金と同様に信用情報とはあまり関係の無い様な気もしますが、こういうところで関連してくる可能性がありますので、いかなる支払も延滞は禁物であるという事を念頭に置いておきましょう。
なお、申込時にいくら注意を払っても、年齢と生年月日はどうする事もできません。カード会社選びは慎重に行うようにしましょう。

 


審査基準にも有利な点はあるの?

@勤務先

 

カード会社が審査をする際に、いろいろな項目で審査を行う事をご紹介しました。中にはそれぞれの項目で、有利・不利がありますので、どういう内容であれば有利なのか、これからご紹介したいと思います。
まず、審査内容のひとつである「勤務先」ですが、最も有利なのは公務員と言えるでしょう。基本的には服務規程違反や法律違反をしない限り解雇される事はありませんし、何しろ収入が安定しています。この安定した収入を定年まで得られるということが、最大の強みです。また公務員の場合は住宅なども格安で借りれますし、福利厚生も恵まれていますので、お金の出費が少ないという事もメリットとして挙げられるでしょう。
次に有利なのは、上場企業に勤務しているという事です。上場企業のうち、特に東証一部に上場している会社は歴史のある会社も多く、公務員ほどではありませんが、安定した収入を得られるという点でかなり有利です。上場といっても、最近ではJASDAQなどに上場している企業もありますが、規模などはまちまちですので、中小企業とほぼ同様の優位性となるかと思います。
続いて非上場の企業となりますが、この際には従業員数や資本金、過去3年間の収支なども審査の対象になる場合があります。創立から概ね数十年が経過している企業であれば、まず問題ないかと思います。
そして自営業ですが、やはり倒産リスクというものが付きまといますので、カード会社の中には、その企業に関して東京商工リサーチや帝国データバンクなどの情報も参考にする場合があると言えるでしょう。帝国データバンクの評点が50点以上であれば、ほぼ問題ないと言えるかも知れません。
無職というか派遣や非正規雇用の方でもカードを作れる可能性があるとご紹介しましたが、やはりかなり不利であると言わざるを得ません。

 

A雇用形態

 

続いて「雇用形態」についてご紹介します。雇用形態としては、主に正社員・契約社員・パート・アルバイトなどがありますが、やはり最も有利なのは正社員です。何しろリストラの可能性が無い訳ではないですが、契約満了となる事がありませんので、服務規程違反などを犯さない限り、定年まで解雇になる事はまずありません。ただ、50代以降に給与が急激に下がる給与体系であったり、役職が無い場合は50代で出向・転籍が必須であったり、また役職の有無などで給与にかなり差があったりしますので、仮に契約できたとしても将来的に限度額や利率が変更になる可能性があります。また、職種も審査に影響を与える場合もあるみたいです。例えば営業職の場合、給与体系がインセンティブ重視の場合がありますので、給与が不安定と思われがちである、という事を耳にした事があります。
続いて契約社員ですが、こちらはやや不安定と言わざるを得ません。まずどこかの派遣会社に登録していれば、たとえ契約が満了したとしても、派遣会社が次の勤務先を斡旋してくれますので、仕事が無くなってしまうという事はほぼありませんが、正社員ほど安定しているとも言えません。恐らく審査は問題無いかと思いますが、限度額が低く設定される可能性があります。
そしてパートやアルバイトですが、こちらも契約社員と同様、不安定な一面があります。収入がごく限られているという事もあり、仮に審査が通ったとしても、かなり限度額は低く設定されるでしょうし、万が一返済が遅延した際は、すぐにカードの利用ができなくなり、場合によっては全額返済を求められる可能性があります。
やはり正社員に勝る雇用形態はありませんね。自営業の場合は何とも言えませんが。

 

B年収

 

続いては「年収」についてご紹介します。年収は職種や業種、都道府県や年齢により大きく異なりますが、やはり高いに超した事はありませんよね。でも、会社の給与が年俸制であったり、業績次第で変動する給与体系であったりもします。実際の審査で、そこまで細かく見る事はありませんが、実際の年収と、場合によっては月々の給与明細も確認する場合がある様です。やはり有利なのは年収が社会人の平均年収を超えている方でしょう。2014年での平均年収は約442万円であり、それを上回れば、まず問題無いと言えるでしょう。平均年収を上回っている方は、全体の約41%と言われています。それ以下の方でも不利という事にはあまりなりませんが、年収が余りに低い場合は契約社員と同様に不利になってしまう可能性はあります。また、賞与の有無も判断材料になる様ですね。また地域により平均年収が大きく変わるという事もあります。例を挙げると、トップの首都圏と最下位の九州(沖縄含む)では、平均年収に約70万円程度差があるという事も忘れてはなりません。何となく首都圏と各地域で失業率に差があるという理由が分かる様な気がしますね。
その他にも、業種や職種によっても平均年収はかなり変わってきます。最も有利なのは金融系であり、医療系、IT系と続きます。職種で言えば営業やコンサルタントなどが有利と言えるでしょう。また技術者では、特にIT系の方が有利とされているようです。最近では年功序列の給与体系を撤廃している会社も増えており、年齢が高いから年収が高くて有利という訳では無くなってきています。
審査全般で、年収が与える影響度は余り高く無いと言えますが、それでも高いに超した事は無い、というのが正直なところでしょうか。

 

C勤続年数

 

続いては「勤続年数」についてご紹介します。例えば住宅ローンなどの返済期間が長期に渡るローンでは、審査時に勤続年数が占めるウェイトが非常に大きいのですが、一般的なカードローンでは、はっきり言ってそれ程重要ではありません。よくよく考えてみてください。新卒の方でもカードローンを組めたりしますよね?また、仮に50万円を借りたとしても返済期間は長くて4年程度ですので、あまり長くても意味が無いという考えもできます。
それでも、勤続年数が長い方が有利な事は間違いありません。それだけ継続性があり、ある程度の困難な場合でも我慢できる・乗り越えられるという風に判断するでしょう。支払が滞りそうになった場合でも、逃げずに何らかの手を打つ人である、という風にも判断するかも知れません。逆に勤続年数が短い場合で例を挙げると、30代以上の男性からの申し込みで、勤続年数が2年程度だった場合です。会社でも中堅以上の存在となり、これから会社の屋台骨を支えるべき存在の方の勤続年数が短いとなると、転職を繰り返しており、持続性や我慢が足りないという印象を与えてしまう可能性があります。今後も転職を繰り返す可能性があり、その結果返済延滞時に逃げたりしないか等々、返済にも影響が出てくるかも、と判断してしまうかも知れませんので、審査上マイナスに働いてしまう可能性があるのです。
基本的に、カード会社ではどの信用情報機関に問い合わせようと、正確な勤続年数を確認する術はありません。実際に申し込む際に、嘘をつこうが構いませんが、過去の取引履歴などからバレてしまう事もありますので、くれぐれもご注意を。

 

D居住形態・居住年数

 

続いては「居住形態・居住年数」についてご紹介します。まず居住形態には、一戸建て、マンション、アパート、会社の寮などがあり、自己所有・家族所有・賃貸のいずれかのパターンに当てはまります。この中では、もちろん最も有利なのは自己所有の場合です。これは一戸建てやマンションに限らず、いざとなった際の「担保」を自ら所有しているという点で高く評価されるのです。でも、築年数や広さなどにより資産価格が変わるという事もあり気になるところですが、基本的にカードローンは無担保が原則のものが多く、ほとんどの場合こちらまでは特に問われない様ですね。また自己所有の場合が優遇される理由としては、転勤など特別な理由が無い限りは住居の移転が無く、債務の回収に不利になる条件が少ないという事も、有利に働く一因であります。
因みに家族所有の場合は、住宅ローンの有無に限らず、契約者本人にローンの支払が無いものとみなされる場合もありますので、自己所有の場合に続いて有利に取られるかと思われます。
意外と高評価なのが、会社の寮です。どの会社に在籍しているかが分かりますし、寮生活という事で家賃も掛かりませんし、平日の夜であれば、大抵連絡が付くという事もあります。
賃貸の場合ですが、基本的には半年から1年で転居される方も多くいらっしゃる訳で、どうしても自己所有と比べると、不利であると言わざるを得ません。また自分の財産ではありませんので、必ず毎月家賃の出費があるという事も、やや不利になる一因でしょう。
なお、居住年数については、もちろん長い方が良いと思われがちですが、実は審査にはあまり影響しません。なぜなら、長年居住しているという事を証明できる情報が入手できないという事が挙げられます。

 


総量規制とは?

カードローンには限度額があり、また複数のカード会社からお金を借りる場合においても、年収総額の3分の1以内という決まりがあるのです。これを「総量規制」と呼び、2006年の貸金業法の改正時にこの制度が生まれました。要は多重債務者を減らす為に定めた国策なのです。

 

この総量規制ですが、あくまで個人の借入に限定されます。それでは、個人の借入はすべて該当するのか、というと、実は個人の借入でも、総量規制に該当しない場合があるのです。

 

まず、銀行系カード会社から借りる場合ですが、銀行系カード会社からの借入は銀行法適用対象となりますので、貸金業法上で定められた総量規制は対象外となります。仮に年収600万円の方が銀行系カード会社から100万円を借りており、新たに消費者金融系や信販系カード会社から融資を受けようとした場合、総量規制となる上限200万円のうち、銀行系からの借入分を除いた100万円が上限にはならず、200万円がそのまま上限となります。また、既に契約している複数の融資総額が年収の3分の1を超えてしまった場合ですが、超過分の請求を催促される事はありませんが、新規の借入はできなくなってしまいます。また、法的な処分を受ける事もありません。3分の1の貸付を行ったカード会社が処分を受ける可能性はあります。但し、カード会社から限度額変更の要請がある場合もありますので、注意が必要です。
この総量規制の導入により、多重債務者は大幅に減少したとの事ですが、逆に違法な金利で融資を行う「闇金」への相談件数が増えているとの事で、実際に総量規制により得をしたのは、自己破産や債務整理を請け負う弁護士と闇金業者だけ、という声もあるそうです。全てがうまくいく訳ではありませんね。

 

年会費無料クレジットカードでもお金を借りれます

 

アコムACマスターカード

 

年中無休で最短即日でクレジットカードが受け取れます。

 

一定の収入があれば、アルバイトやパート、主婦の方でも申込みできます!

 

キャッシング付きクレジットカードなので、キャッシングとして利用することも可能です!

 

年会費無料なのもうれしいところです!

 

http://www.acom.co.jp/p/lineup/credit.html

 

 

↓目的別キャッシングはこちら↓

おまとめローン ビジネスローン 銀行系

収入証明不要 女性向け 審査が早い

即日融資 無利息 来店不要